料理と材料

TAROやおやさんの野菜 語学習得のメンタルなコツ
TAROやおやさんの野菜

料理と材料

例えば料理をするときに
「材料が少ないからいい料理ができない」
というのは、あまりいいコックではありません。

それと同じで
材料(語彙)をむやみに増やすことよりも
どうやったら、ある材料で上手に料理できるか考えたり、
その技(工夫)を身に着けるほうが、
英会話ではずっと効果的な学びになります。

この方法を皆さんと一緒に考えるのが、
英会話Oneです。
この方法は一生使えます。

材料は私だってまだ足りないのです。
材料を獲得することだけ考えると
青天井でため息ばっかり出てきます。

そうではなく、手元にある材料で
どうやったらおいしい料理を作れるか
工夫する方法を身に着ければ、
不安はとても減ります。

昔、村上春樹さんがノルウェーの森を書き始めた時
どうしても日本語で書くと違和感があったので
最初の何ページかを英語で書きだしたと書いていました。
限られた英語単語の中で工夫して
言いたいことを伝えるために書いた最初の数ページは
後で日本語に訳したら、
とてもシンプルで判りやすい言葉になっていたそうです。

その時、村上さんは日本の文壇を壊す大作業を行っていたので
必然的に日本語以外の表現を必要としていたのだとも思います。

これはとってもいい例です。
村上さんはすぐれた料理家なので
限られた材料でもとってもおいしい料理を
作ることができました。

ここまでにならなくても
あなたが日常で必要としている言葉は
おおむねあなたの周りにあります。
無理せず、焦らず、持っているものを
全部使えれば、あなただってかなり料理上手になれます。

例えば、お客様から聞いた話で、
花の茎を切るんだよということを伝えようとした知人が
「茎」という英語が判らなかったので
“flower body”と伝えたそうです。
それで伝わったとお話ししていました。
これでも全然大丈夫です。

私は英語を勉強し始めてもう30年たちますが、
まだ、語彙はネイティブにはかないません。
毎週少しずつ少しずつ学んでいます。
材料はこうやって少しずつ普段から増やすしかないのです。
そして、必要な材料は向こうからやってきます。

もし、アイテムが少なくて、
ドラクエを始めた時のように
木の盾と木の刀しかなかったとしても、
まだできることはあります。
それは持っているアイテムを最大限に
一番効率のいいところで使うことです。

だから、材料が足りないことを嘆くよりは、
持っている材料を最大限に組み合わせて使う
工夫をする能力を高めるほうが
ドラクエはクリアしやすくなります。

これは、教室で皆様にいろんな場面でお伝えしています。
実際に英語を使うという場面では、
丸暗記よりも、工夫のほうがよっぽど効果があります。
こつこつ材料を増やしつつ、
最大限に工夫して材料を使うことで
あなたの表現の幅はずっと増えます。
ぜひ、教室でその方法を学んでください。

TAROやおやさんの野菜

TAROやおやさんの野菜

コメント

タイトルとURLをコピーしました