〇ノルウェーにワーホリに行こう! 2.窓を作る。

2.窓を作る。

さて、前回どの国にどうしていきたいのかがわかりました。

今回は、では、ノルウェーに行きましょう。で、何をしますか?

というお話をします。

ほかの国に行くためには、基本的にはビザが必要です。

ビザの種類を確かめましょう。

ノルウェーは以下でビザの種類が確かめられます。

これがワーホリのためのビザ。

https://www.norway.no/ja/japan/services-info/1/residence/#就労のための滞在許可(就労許可)

事前にRisaさんに大使館ページをチェックしてくださいねとは言ったものの、
何を見るべきかを言い忘れて、
私たちは後から、あ!と気が付いて困ることがあったのですが、
それでも、地図に戻ってもう一回考えれば大丈夫です。

ワーキングホリデーのビザは基本的に長期観光ビザです。
だから、ノルウェーだと2018年3月29日現在、
3カ月以上の勉強はできません。
6カ月以上同じところで働くこともできません。

さて、なぜこれを調べているかというと、
何の窓も持たずにノルウェーに行って1年住んだとしても、
誰とも知り合いではなく、コミュニケーションをとることがとても難しいです。
となれば、自分の窓を社会に対して開いているほうが楽です。
それは、学校だったり、仕事だったりします。

どんな窓をあなたは開きたいですか?じっくり考えます。

Risaさんは、勉強したいとのことだったので、
どんな勉強をしたいか考えてもらいました
(大体ここに2カ月かかっています。)
デザインとか、お花とか、いろんな候補が出てきました。
それを一緒に考えます。

次は実際の学校選びです。
一緒に学校を探しているうちに、とても便利なサイトを発見しました。
ノルウェーの高次学校の選べるリストです。

utdanning.no
Offentlig og kvalitetssikret

これを、グーグルクロームで、英語に翻訳してみます。

いろんな学校が出てきます。楽しいですね。

ここで、私たちは、ビザの確認を怠ったため、
学校に1年行きたい予定を立てていたのですが、
それをするためには、留学ビザが必要なことがわかりました。
さて、踏まえてどうするか、Risaさんの判断を待ちます。

同時に、手続きにかかる時間もわかってきました。
どういう1年にしたいか、年間スケジュールも描けるといいです。
これは、次回やります。

さらに次号に続く

 

〇ノルウェーにワーホリに行こう!目次

この記事は、創造するワーホリ・留学という

英会話Oneのプログラムの一部です。

プログラムの全貌はこちらからわかります。

現在もプログラム参加者を募集しています。

1年かけて、英会話と文化授業をして準備します。

一緒に楽しい滞在を作ります。

お気軽にお問い合わせください。

2020年ノルウェー滞在中のRisaさんの記録は以下です。

Kjempe bra通信の目次はこちら

f:id:cafeeigoone:20180329173051j:plain

コメント

タイトルとURLをコピーしました