〇ノルウェーへワーホリに行こう!19.ビザを申請する

ワーキングホリディ―

情報が前後しますが、ビザの申請方法について、
記述しておきます。情報は、いずれも2020年7月現在のものです。
申請時には最新情報を確かめてください。

ノルウェーワーホリビザ申請準備

渡航するには、ビザが必要です。2019年の1月30日からノルウェーはVFSビザ申請センターで申請を受け付けています。

1.申請条件

申請条件については、下二つをチェック

VFSのサイト、日本語で条件が書いてあります。
https://www.vfsglobal.com/norway/japan/Japanese/Work.html

UDIのページ英語で申請条件があります。(下に訳を付けました)

Want to apply: Exchange programmes, culture and organisational work - UDI
You can be granted a residence permit in Norway if you are going on a working holiday for young adults, if you are a working guest in agriculture, an employee o...

申請条件

  • 申請費用を払わなければならない.
  • 日本国籍を保有すること。市民権だけでは足りない。
  • 日本に住んでいること。
  • 申請時に18歳以上で30歳まで。31歳になっていないこと。
  • ノルウェーに住むのに必要な最初の3か月分の費用(後述)を持っていること。銀行残高と(か)、または実際に働いて確かな給与をもらう事実が必要。NOK 11 229‬/1ヶ月 (約13.5万円)
    NOK 33 687/最初の3カ月 (約40.5万円).
  • 滞在中は6カ月以上同じ雇い主のもとで働くことができない
  • 健康な状態であること。滞在中に入院が必要と認められないこと。また、必要な医療保険を持っていること。
  • 勉強に使えるのは3カ月のみ。それ以上勉強したい場合は別のビザを取ること

権利と義務

  • ノルウェー滞在中働けるが、同じ雇い主のもとでは6カ月が限度。
  • 1年の滞在が認められる。
  • 将来、永住権を取得したい場合、この期間の滞在はカウントされない。
  • 家族を伴っての滞在はこのビザではできない。

2.必要書類リスト

ノルウェーの場合ビザを申請するためには2020年7月現在以下の書類が必要。

すべてA4サイズで書類をそろえる。

  • 健康証明書 (英訳)
  • 滞在証明書:ホテルの予約(英語またはノルウェー語)*
  • 残高証明書 (英訳)
  • 住民票の写し(英訳付)
  • 医療保険の原本(英訳)
  • パスポートの使っている部分全部の写し
  • 証明写真パスポートサイズ(3.5㎝×4.5㎝)2枚(仙台だとカメラの吉田が便利)
  • UDIチェックリスト
  • カバーレター(ページから自動でプリントアウトできます。)

 

UDIのページから個人ページを作り、必要な情報を入力します。ホテルはブッキングコムなどで、予約して、英語かもしくはノルウェー語で予約を印刷します*。そのほか、銀行では、残高を英語で証明してくれますので、証明書をもらいましょう。Risaさんの場合、NOKで書いてもらえました。健康証明と住民票の写しは翻訳が必要です。

3.滞在場所

*滞在場所は、決まってない場合は、決まらないまま書いてもいいとの指示が、下にあります。

書類がそろったらビザセンターに面接の予約を入れて、申請をします。ここで足りない書類を実際にその場で作ったりするプロセスもあるので、パスポートなど必要な書類は、全部持っていきましょう。パソコンも持っていくといいです。

また、申請にはお金がかかります。ワーホリビザの場合、6,400NRK(約76800円)と今はなっているようです。申請ではパスポートの預かりがあります。

そして、併せて、現地警察での面接の予約もなるべく早い段階でとっておくのが賢明です。そのプロセスの説明はこちら。

〇ノルウェーへワーホリに行こう!17.住民登録までのプロセス

4.心の準備

ここが渡航までに一番大変なプロセスです。ひとつずつめげないように、カレンダーに予定を立てながら、クリアしていくといいです。事務所類を取りに行く場所(銀行など)には、事前に電話をして用件を伝えてから行くと、少しは早く事が進みます。同じく、書類が必要な目的を伝えると用意してもらうのは、より優しくなります。とても大変な作業です。最後までできたら、ご褒美を用意しておきましょう。

5.最新情報参考リンク:

みほさんの情報が私が知っている中ではよくまとまっていて、現時点では最新でした。

〇ノルウェーのワーキングホリデービザ申請方法-miho-norge

そして、後追いになっています、このノルウェーにワーホリに行こう!情報ですが、実際に渡航されたRisaさんは、もう帰国しています。その滞在日記目次はこちら。

〇Kjempe bra 通信(ノルウェー便り)目次

帰国したら、ノルウェー語オンラインサロンを一緒にやりましょうと話しています。ぜひ、ご希望の方はお知らせください。小さく3人か4人でやります。

そして、10月ころには、仙台でノルウェーでの体験のお話会も予定しています。

これまでの、ノルウェーにワーホリに行こう!の目次はこちら。

〇ノルウェーにワーホリに行こう!目次

この記事は、創造するワーホリ・留学という

英会話Oneのプログラムの文化授業の一部です。

プログラムの全貌はこちらからわかります。

現在もプログラム参加者を募集しています。

1年かけて、英会話と文化授業をして準備します。

一緒に楽しい滞在を作ります。

お気軽にお問い合わせください。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました