〇ノルウェーにワーホリに行こう! 10 交渉2

スポンサーリンク

〇優先順位を知ろう

前回までで、志望動機とCVとカバーレターができました。

そして、第一志望のお花学校に連絡をしたら、タイミングが合わないことがわかりました。

 

そこで、今回は、何が大事か「優先順位」を考えてもらいました。

 

Risaさんは、自分で書いた志望動機を読み返して、

  • ノルウェーの文化を知りたい
  • ワーク・ライフバランスをよくしたい
  • ソーシャル・キャピタルを築きたい

ということに興味があることがわかったとおっしゃっていました。

こういうことを確認するために、志望動機はとても大事です。

ですので、社会に対する窓である「お花」は特に優先順位ではなく、

それは何になってもよいということでした。デザインでも、料理でもいいとのこと。

 

彼女の優先順位は以下でした。

  • 受け入れ先がどうしても欲しい
  • 2019年の夏に出発したい
  • 窓は何になってもよい。デザイン、料理など。
  • ノルウェー語を学びたい
  • 仕事の環境を知りたい

そこで、志望動機にもある、
ワーク・ライフバランスを知るためには、

実際に職場で働いてみる経験が
一番役に立つのではないだろうかと話し合い、

そのためには、ノルウェー語ができないと始まらないでしょうと
いうことで合意しました。

 

そして、私はノルウェー語を基礎から教えてくれる学校を
探しました。

何時間かサーチしているうちに見つかったのが、

Folkeuniversitetという大学でした。直訳すると市民大学です。

Folkeuniversitetet
Folkeuniversitetet - Kveldskurs, dagskurs, nettstudier. Finn et kurs som passer til deg!

 

少しお金はかかりますが、
ここで、ノルウェー語講座も、
普通の市民大学の講座も開かれているようです。

ノルウェー語を学びながら、普通のコースにも出席して、
友達を作ったらどうだろうという提案をRisaさんにしました。

Risaさんは、それはいいアディア!と承知してくださいました。

 

さて、ここから、場所探しが始まります。
この大学はノルウェー中にあります。
次回はたくさんの候補地の中からどうやって、
一か所に絞ったかを書きます。次回へ続く。

コメント