辞書の選び方

辞書 英語のこと
ノルウェー語の辞書と辞書を作る人たちのお話しの本

辞書の選び方

 

聞こえてきた言葉はまずグーグルで検索

グーグルは、大体わかる言葉の配置で、
正しい言葉を推測してくれる素晴らしい機能がついています。
これを使うと、今まで聞いていたなんとなく気になる言葉が、
どういうスペルなのかが判ります。
RとLを間違っても大丈夫だし、
AとUを間違っても平気です。
聞こえたなぁと思うとおりに、入力してみてください。
*これは教室で一緒に練習することもできます。

ついでに、上級者設定としては、
ブラウザを英語で使う設定にしていると、
そのまま、英語の辞書が表示されて、
言葉の意味も分かります。

日本語の設定だと、
日本語の訳が出てきます。

 

 

最初はアプリ辞書から

英会話Oneでは、
英語を英語のまま頭に入れることを
おすすめしています。
ですので、最初は日英辞書ですが、
もういいなと思った方には、英英辞書をおすすめしています。

今は、モバイルアプリにも、無料で使えたり、

1000円程度払うと買うことができる、
かなりいい辞書が入っています。

Merriam Webster

Oxford English dictionary

まず、これからお勧めします。
日記を書くとき、
何か、ちょっと聞こえてきた言葉を探すとき、
英語のまま、見て覚えることは、大事です。
最初はちょっと労力がかかりますが、
慣れると辞書を調べることも英語力が付くようになります。

 

 

上級になったら電子辞書か紙の辞書

人によって、紙の辞書が好きな人もいると思います。
それはそれで大事です。
紙の辞書を読み込み、使い込むことで生まれる効果も大きいです。

また、今は電子辞書がとても安く、
本当にたくさんの辞書が入っていて、買えるので、
英語特化版の電子辞書を買うこともお勧めします。
中古で買うと7000円程度でかなりいいものが買えます。

自分に合った辞書を選ぶには、
同じ言葉を違う辞書で引いてみて、
その説明が自分にとって嬉しい方を選ぶといいです。

今は、辞書が本当に安くなりました。
辞書を作る人たちにも長生きして、いい仕事をしてもらいたいです。
ぜひ、1000円程度、払ってあげてください。
よりいい辞書を作るための時間と力になります。

あなたにとってのお気に入りの使いやすい辞書が見つかりますように!

コメント

タイトルとURLをコピーしました