2.質と量 英語を話せるために!

英会話One 〇英語にまつわること
Oneのパンフレット

こんにちは。仙台の英会話Oneです。

どうやったら英語をしゃべれるようになるのか?

どうやったら英語をしゃべれるようになれますか?と良く聞かれます。
答えは、より簡単に思い出せるようにすることです。
具体的には、英語の質と量を増やせばいいのです。

まずは、全体的に接している量を増やします。
わからなくても良いからたくさん聴く。

忙しくても、リラックスしていても、
どんな状態でも良いので、たくさん聴く。
例えば、ラジオ。音楽番組でも良いし、
ニュースでも良いです。
ポッドキャストの紹介ページもあります。
面白ドラマの紹介ページもあります。

この時のポイントは、
・自分の興味のあるもの
・ネイティブが翻訳ではなくしゃべっているもの
・気持ちのこめられた言葉を使っているもの
・長さが自分にとってちょうどいいもの
を選びます。

せっかく聞くので、
なるべく好きなもの、気に入ったものを
シャワーのように聴く。
全部わからなくても大丈夫です。
これは、徐々に徐々に効果が出てくるもの。
英語の量を底上げします。

最初は眠くなるかも知れないし、疲れるので、
量は一日5分くらいずつ増やしていきます。

わかる単語が聞こえてくるようになったらしめたものです。

それと同時に、質の良い時間も増やします。
これは、わかることを目指したもの。

例えば、同じテレビドラマを何回も見ます。
私はAlly Mcbeal(アリーマイラブ)というアメリカドラマでした。

私は、最初に英語で聞いて、次に日本語できいて、
また英語で聞くと言うことをやっていました。

今なら、英語で聞いて、
英語の字幕、日本語の字幕、日本語の吹き替えと
たくさん選択肢があります。

その中で、雰囲気がわかるものを
理解できるところがあるようになるまで、聴きます。
ラジオよりテレビ、映画がいいのは、
表情や手振りがみえるからです。
3割わかるを5割わかるまで辛抱して何回も聴くと
その次にきこえてくる量が変わります。
5割の人は6割。6割の人は7割まで、何回も見ます。
9割まで行った人はもうちょっと難しいものに
挑戦した方が早いです。

お気に入りのドラマは、映画は何ですか?
繰り返し聞くことはできますか?
同じものを何回も、やってみてください。

質のもうひとつは使うことです。
海外旅行に行く、外国の人としゃべる、
そしてこの英会話に参加するなど身体ごとの参加体験も大事です。
実際に脳を使ってしゃべるのは、とても大事な体験です。
ある程度身につくまではコンスタントにやっておくと
相乗効果で短い時間でも身につくようになります。

上記のポイントは質の良い言葉を聞くこと。
少し間違っていてもいいやではなく、
本物を聞くことです。間違いは身についてしまうのです。
質には言葉の質も含まれます。
あなたにかけられているその言葉、愛情がこもっていますか?

以上の中から、みなさまの生活に、
滑り込ませられるものを良く考えて、
やってみてください。
良く考えないでやってみようでも大丈夫ですが、
最初は疲れるからゆっくり始めてください。
ゆっくり時間や回数を伸ばすことが大事です。
迷ったら前の日と同じ分量で。

自分に優しく、でも継続的に。
新しい世界が広がりますよ。是非始めてみてください!

英会話One

Oneのパンフレット

コメント

タイトルとURLをコピーしました