コンポスト美人

簡単コンポストの写真 Oneのこと
ただの家に来たコンポストの写真

コンポスト美人

家にコンポストが来てから
3ヶ月経とうとしています。

もう3年くらいやってみたいなぁと思いながら、

でも、虫わくしなぁとか、
でも、臭かったらなぁとか、
できた土はどうしたらいいのかなぁとか

思っているうちに伸ばし伸ばしになっていた
コンポストチャレンジ。
今年、初めて挑戦できました。

挑戦したのは、こちらの
LFCというキット。
布バックに入った取り扱いやすい
臭いのしにくい、ヘルプのあるバージョンです。

最初は、どうやってやるのか慣れずに
何回かラインでヘルプをもらいました。
途中で虫がわいてびっくりした時も
「それは益虫です。こういうところに卵を産むから
こうやって取り除いていれば、次は生まれません。
成虫になったら、こうしておけば、虫と付き合えます」
という方法を教えてもらったりして、
とっても、助かりました。

よくわからなくて、
最初は台所で混ぜていたコンポストも、
教えてもらって、外にして、
今では、ベランダに定位置ができ、
夜は間に合わないので、朝のひとときに
ゆっくりかき混ぜます。

その時間が実に充実した時間なのです。
そんなゴミを混ぜて何が楽しんだ
と思うと思うのですが、
いや〜、楽しいんですね。
発酵しているからちょっとあったかいし。

高校生の時に、
美人になりたかったら、トイレの掃除をせよ
という文言が流行りました。
多分それと一緒で、
ゴミがどこにいくのか、
ゴミをどう扱うのか、ということがわかるということは、
総合して、自分の人生をどう扱うかわかってくるということに
つながるように思います。

これができるようになって、
私は本当に嬉しいです。

コンポストが来て変わったことはこんなことです。

・ごみが減った
→明らかにごみが減りました。1週間で、10リットルゴミ袋ひとつ分しかごみがでません。そして、プラスチックは、あいコープが持っていってくれたりすることに改めて気がついて、減らすことができたり、紙のゴミももっと分類できるようになったりしました。そして、食べ物のゴミ(食べ残し)を減らしたことによって、食費が減り、もっと豊かな食卓になりました。

・ごみ意識が更新される
→例えば、紙はコンポストできないとか、布はできるとか、じゃぁ一体、自分が出しているゴミはそもそもどこにいくんだろうと言った、根本的に疑問に目が行くようになります。学ぶ術も身についてくるので、改善しやすくなります。
食べ残しを減らすといった、経済的な効果のほかに、ゴミを減らすことは、捨てることを減らすことなので、つまり大事なものと一緒に暮らすことを選ぶということになります。慎重に買い物するようになり、楽しいです。

・部屋がきれいになる
→ごみが減るということは、つまり、全体の暮らしを見直すことと同じなので、自然と片付けが以前より上手になりました。そして、持っているものが、大事なものばかりなので、すごく気持ちがいいです。

・排水溝が滑らない
これは副産物でしたが、生ゴミを蓋付きのゴミ箱に入れることで、排水溝そのものを見直すことにもなり、今は、排水溝にゴミを溜めないので、排水溝は滑らないし、いつもピカピカになりました。ちょっと嬉しい気持ちです。

 

最初はヘルプがあった方が絶対いいです。
初期費用は私の場合1万から1万5千円かかりました。
*買う前に申請すれば、仙台市から1基につき2千円の補助も出ます。

・蓋付き生ゴミいれ

・ごみをくだくミキサー(これはなくても大丈夫になってきます)

・コンポストねかせるときようのもうひとつのバック

・虫除けスプレーと(これを精製水で伸ばしてスプレーします)

・スコップ
があるといいです

維持費は今のところひとり暮らしで3、4ヶ月に2500円程度です。
ちなみに、これは、私は喜んで払いたいです。
断然、楽しいから!

虫と暮らすこと
ゴミと暮らすこと
生態系の中にいることを感じること
棲み分け。
いろんなことを感じます。

私はこの朝の静かな時間を
虫や土の様子を見ながら、
じっくり感じています。
それはとても大事な時間です。
よかったら、みなさんもどうぞ。

簡単コンポストの写真

ただの家に来た簡単コンポスト

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました