ブッククラブ「リバーズエッジ」終わりました。

Book Club One

去る10月19日台風を回避して、

ブッククラブが行われました。

 

今回は、岡崎京子さんのリバーズエッジ。

4人の人が参加してお話ししました。

 

こんなにもどろどろの壮絶としたお話なのに、

どこかとてもきれいな読了感があります。

まるで、ラムネサイダーの瓶の中のガラス玉みたいに。

 

そして、頼れる大人が一人も出てこないこと、

登場人物がみんな少しずつ切なく困っていること、

それぞれに心境が物語に重ねられて語られました。

 

かよさんの持ってきてくれた

笹かまを食べながら、

みんなで、一時、ディープな世界に入りました。

 

会場には、岡崎京子展の資料を持ってきてくださった方がいて、

たくさんの資料で机がいっぱいになりました。

それぞれ、深い考察がしてありました。

 

こんなポップなバブル時代を生き延びるために、

私たちは、こんなに強烈な時代に味方が必要だったのです。

アバウトに見える線はみんなとても細やかに、

出てくる登場人物の心を表しています。

 

平坦な戦場で僕らが生き延びること

How we survive in the flat field.

(William Gibson)

 

について、みんなで少し考えました。

 

ブッククラブは来年から運営体制が変わります。

英会話Oneからは独立して、ブッククラブOneとして、

運営されます。

その準備をしています。

 

そして、次回は、今年のまとめとして、少しお料理とお酒を用意して、

忘年会も兼ねながら、まとめをお送りします。

お楽しみに。

コメント