英会話 One

The one and only

 

ひとりひとりはとてもかけがいのない存在。
ひとりひとりに合う学び方がある、輝く在り方がある。

そう、私は信じています。
それを英会話を通して実現するためにOneが存在します。

皆さんの中に眠った英語の素材を取り出して、
磨いて、洗濯して、使いやすい様に整理して、
腑に落として、あなたの脳に戻します。
それが創造する英会話です。

こつこつ楽しい体験の積み重ねを
小さな自信として、お持ち帰りください。

 

創造する英会話

創造する英会話とは、お客様の眠った英語スキルを取り出して、
整理して、使いやすく創造して、戻します。
クローゼットの中で眠っていた服を取り出し、
洗濯し、アイロンをかけ、整理して、
使えるところに入れ直すようなイメージです。

受講は5回がセットで、毎週開催されているうちの、
好きな週を選んでお越しください。毎週来なくても大丈夫です。
長くやりたい方は、その都度またお申し込みください。
始める時期はいつでもかまいません。
辞めるときも、5回が終わったら自由です。
是非楽しい経験をして、日本以外の常識に触れ、
世界を広げ、より豊かな世界を手にして、
Oneを旅だってください。

英語を英語のまま取り出しやすいように脳に入れられると、
必要な時すぐ取り出せるようになります。使える服です。
英語が話せなくて、不安だったり、いやだったりした気持ちは、
「あ、できる。楽しい」という自信に変わります。

お客様には、自信とちょっと広がった世界、
新しいコミュニケーションのスキルをお持ち帰りいただきます。

Oneの生まれたきっかけ

アメリカの景色。

研究室秘書をしていたころ、
週に1回留学生を交えて
英会話教室を主宰していました。
留学生と日本人に会話してもらいたかったのです。
同時に、英語の試験勉強もサポートしました。
そうしたら、
ほとんどしゃべれなかったある日本人生徒が、
みるみる英語力を伸ばしたのです。
1年後には見違えるように会話するようになったし、
英文もさっと訳せるようになりました。
これは本当にお互いに楽しかったです。
そうか、大人も学べるんだ。
いやいやじゃなくて、楽しかったら、
本気で学べるし実りになるのだ!と言うことを発見しました。
それが、この英会話教室を始めたきっかけです。

美術や絵はその人それぞれの才能が関わりますが、
英語はそもそも誰でもしゃべれる仕組みになっています。
ですので、誰でも身につけることができます。
秘書時代の時の英会話の体験から
多くの人にこの学びの喜びを体験していただきたいと、
「One」を主宰しています。