最後の物たちの国で。ブッククラブ終了しました。

Book Club One

 

去る6月8日、ブッククラブ3回目「最後の物たちの国で」の会を終了しました。

この選書は私の選書だったのですが、

とてもマニアで、とても体力と心的ワークが必要な読書でした

それでも、かよさんも、もう一人の参加者の人にも、

とても丁寧に読んできていただいて、

私がかつて感じていた辛い気持ちを共有していただいたような

気持ちになりました。

 

「色ない世界」白黒でさえない、色のない世界の話だと

1人の参加者の人はおっしゃっていましたが、

今考えるとまさにそうだなと思いました。

その過酷な世界を何日も読みながら付き合ってくださったことは

私にとって大きな力になりました。

 

当日、読んでないけれども、

読書会に興味があるという方に参加いただきました。

その方の存在もとてもいいように働いて、

小説の中にも出てくる「書くこと」についてたくさんお話をしました。

他にもたくさんくだらない話もして、終了しました。

 

みなさんが、何か生活や人生の役に立つことを

一つでも持って帰れていたら嬉しいです。

 

次回は8月10日。「怪物はささやく」 パトリック・ネスです。

ぜひお越しください。

 

*楽しすぎてまた写真を撮るのを忘れました。写真撮る人募集中です。

コメント