ノルウェーにワーホリに行こう! 12.文化授業

〇文化授業

さて、Risaさんの行先が決まったので、
今度は、滞在に備えて、異文化体験に備えた授業を行いました。今、Oneには、以下の授業がそろっています。

 

〇実用編

  • 航空券について
  • 海外保険について
  • 緊急連絡先カード作り
  • 持ち物リスト
  • 住民登録
  • 各地での生活基盤の作り方(銀行送金を含む)
  • シムフリーフォン

〇応用編

  • 海外アップダウンの説明
  • 友達マップ
  • 異文化の体験の肝
  • 異文化交流の進め方/家族や友達と異文化体験を分かち合うために
  • ビザ申請補助
  • 自己紹介
  • 文化紹介

 

それぞれ30分ずつ説明して、紙に書いたまとめを渡しています。最終的には、
その人に合わせた文化授業の冊子をお作りして、
お渡ししています。

大体この中から10個程度を選んで受けていただきます。
特に「異文化体験の肝」は大事で、連続授業になります。

せっかく大きな体験をしに行くのです。
それをより豊かにより深く理解して、
自分のために、周りの人のために還元できるように、
その概要をあらかじめ知っておくのは
とてもいいことだと思います。

これをもとに、現地でのメールカウンセリングと
ブログ記録更新を行います。

そして、日本に帰ってから、
その人自身が人生で抱えているテーマや課題について、

ご一緒にお話をしていきます。

 

実用編では、例えば、シムフリーフォンとは何か
お知らせします。そのために何を準備すればいいのか、
現地での設定はどうやったらできるかなどをお知らせします。

住民登録のノルウェー版は後で、記事として更新しますが、
いろんなブログから集めた情報を一つにして
紙にしてお渡しします。

みなさん、住民登録から銀行口座を開くまでで
大分時間も体力もロスされているようです。
せっかくノルウェーにいる時間を
事務作業に取られてはもったいないです。
準備していきましょう。

この情報で大分貴重なノルウェー滞在時間を消耗することなく、すごせるようになります。

これは、プログラムに来ていただいたら、
カナダならカナダの、オーストラリアならオーストラリアの
現地情報を集めてお渡しします。

併せて、ビザ申請の補助もします。
どういう書類を集めたらいいのか、
英語の情報を一緒に探して、
統一して知らせます。

これも一人でやるよりはだいぶ時間も体力も消耗しません。

 

それでも、大事なのは、自分の力でできることなので、
なるべく自発性を奪わないようにしつつ、
上手にガイドすることを心がけています。

最初の交渉の試みで、Risaさんの場合、
自発性を奪ってしまって、
失敗したのですが、話し合いの後、
すぐ、彼女の苦手な事務作業を
自分のペースでこなせるようになり、
私はそれを見守る役に徹することができるようになりました。

そのように、少しのヘルプで
苦手が克服できるようになることも、
このプログラムのひとつ目指しているところです。

次回はプログラムの一つ、
ノルウェーの住民登録編を公開します。

続きます。

コメント